最新ニュースの優しくも厳しいコメントをまとめていきます!

menu

最新コメまとめ

もんじゅ廃炉を地元や知事が反対するのはなぜ?その理由とは

もんじゅ廃炉を地元や知事が反対するのはなぜ?その理由とは

1兆円をつぎ込んだ夢の原子炉『もんじゅ』

22年間で延べ44日しか発電出来なかった高速増殖炉もんじゅは正式に廃炉されることになりました。

トラブル続きで稼働できなかった危険な「もんじゅ」の廃炉を歓迎しているであろう福井県知事や地元が、意外にも『もんじゅ廃炉に反対!』

いったい、なぜ知事や地元の代表はもんじゅ廃炉に反対しているのでしょう?


Sponsored Link

「地元の中の地元」と言われ、もんじゅを受け入れてきた白木地区の坂本勉区長(61)は、「こんなことをやっていると国として成り立たなくなる。ふざけるんじゃない」と怒りをぶちまけた。

白木地区には15世帯約60人が暮らす。坂本さんによると、昔は半農半漁で生計を立て、世帯数は明治の頃から常に15軒に保たれてきた。土地や資源が限られていたため、世帯数を増やさないしきたりがあったという。

坂本さんは、もんじゅが地区に及ぼした効果を「交通の便が良くなり、就職の選択肢が増えたことが一番大きい」と話す。今は農業を営む住民はおらず、漁業に携わるのも4、5人だけ。代わりに地区から4、5人が原子力機構に勤め、関連会社で働く住民も7人ほどいる。「もんじゅがなかったら今の地区があるとも思えない。もんじゅがあって良かった」と語る。
引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161221-00000077-jij-soci

原子力で潤ってきた地元の思いは複雑だ。電力関係で働く知人が多いという会社員の辻義隆さん(64)は「立地の時は国も旧動力炉・核燃料開発事業団も懇願するような感じだったが、廃炉の時はあっさりしたものだ」とあきれた。経営する旅館を昨年閉じた喫茶店経営の60代男性は「客は20年前の3分の1だ。」
引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161221-00000105-mai-soci

Sponsored Link



名無しさん
2016/12/21 16:07
原発が無いと地元経済が成り立たないようにさせられてしまった、ということだね。
同情はするけど、何も成果を生まない施設にこれ以上金を掛けて居られないのも事実。受け入れるしかないよ。

名無しさん
2016/12/21 16:26
結局、立地してるところは交付金で経済や雇用が助かってたってことだよね。福島も同じだけど、犠牲になっただけじゃなく恩恵もあったってことだよね。

名無しさん
2016/12/21 17:46
福島だけで言うと恩恵は狭く被害は広い。
言いたくないが、立地から随分離れているのに風評被害はデカいが全く賠償はない。しかし避難地域に認定されてる人間は、そこまで金に困っていない(会社勤めも少なくないし)。土地は漁るし家は建てる。金払いが良い&避難民として最初は同情されていたが、段々と避難の声はくすぶってきている。
そういう人らと自主避難者が一緒にされるのは可哀想だ。

名無しさん
2016/12/21 17:49
人口1000人の町(村と変わらん)に 10000人収容の複合施設(箱モノ)
一日に5人も通らないあぜ道に 融雪機能付き舗装道路、街灯完備
原発マネーに集っていないで
少しは知恵を出して活性化させてみろよ

名無しさん
2016/12/21 17:50
恩恵を受けるのがそんなにうらやましいなら、近所に引っ越したらいいんじゃない?

名無しさん
2016/12/21 17:50
全くその通り。恩恵だってちゃんと与えられているでしょう。
あと賛成派・反対派それぞれいるでしょう。
こういうときは必要性があるかどうかを理屈で考えないといけません。結果いらないってことでしょ。そらしょうがないよ。
一般的な会社に勤めている人間だって、勤めている企業が流行や時代で栄えたり衰えたりするのは当たり前。
原発はいらないという流れになったんだよ、あの地震から…
そしてその地震の教訓から一歩先に歩もうとしてるんだから

名無しさん
2016/12/21 17:51
「恩恵を得られるかわりに、バーターとしてリスクを引き受ける」ということではあるけれども、その決断の前提としては「理論上のリスクはあるけれども、何重にもセーフガードが働いているから、現実的には安全」というものであったはずだから、その前提を覆すような事態が発生した場合には、「自己責任」だけで片付けるわけにはいかなくなる。
津波であっさり全部の電源を喪失して冷却できなくなる、などという脆弱なセーフガードでは「自己責任」の前提を満たさないから、福島の人々に対して「お金をもらっていたんだから、仕方ない」などと冷たく言い放つのはちょっと筋が通らないと思うけどね。

名無しさん
2016/12/21 16:07
原発が無いと地元経済が成り立たないようにさせられてしまった、ということだね。
同情はするけど、何も成果を生まない施設にこれ以上金を掛けて居られないのも事実。受け入れるしかないよ。

名無しさん
2016/12/21 17:42
所詮、原子力業界は地元の人を利用する事は考えているけど、何かあって彼等が損害を被っても保障するつもりなんか無いという体質がここでも露呈しましたね。

名無しさん
2016/12/21 17:43
急に廃炉決まった様な事言ってるけど
ここ数年の流れ見てたら存続しようが無いのは
薄々判ってただろうに・・・。

名無しさん
2016/12/21 16:25
地元にとって重い決断だった事は分かるが、60人の為に稼働しない設備を維持するだけで兆というお金を払う事は出来ない。
逆に60人だったら、雇用の世話は国がすべきだな。

名無しさん
2016/12/21 17:40
1人に1億円なら60億円。

名無しさん
2016/12/21 17:57
↑安倍政権が海外にバラまいた100兆円に比べれば微々たるもの。

名無しさん
2016/12/21 17:59
毎年何千億ももんじゅに使うよりは元従業員に手付金払ったほうが全然安いな

名無しさん
2016/12/21 18:04
それだけの問題じゃないだろ
もんじゅを作るのに一体いくらかかったと思ってんだ
それだけの費用をかけて、どれだけの電力を生み出したんだい?
廃炉にして一体どれだけの損失が生まれるんだよ
単純に原子力を排除しろとかそれだけの問題ではない
仕方ない部分はあるけど、現地住民だけの問題ではないよ
税金負担という見えない形で国民に負担がかかってるのを忘れちゃいけない
重要な部分を伏せて事を単純化してるのが気に食わないわ
廃炉にしてよかったで終わらせちゃいけない問題だわ

名無しさん
2016/12/21 18:13
うごかして何かあったら地球が一貫の終わりだからね。
実際、何かある寸前状態だし。

名無しさん
2016/12/21 18:14
>それだけの費用をかけて、どれだけの電力を生み出したんだい?
そもそも実用炉ではないので、そこを争点にしてはいけない。
問うべきは、もんじゅを用いた研究によって、どの程度、高速増殖炉実用化への成果が得られたかだ。

名無しさん
2016/12/21 18:16
あくまでも研究だから、100パー成功するとは限らない。
失敗することだってあるけれど、責任とる人が決断した人と違うという問題点もあるかもしれない。

名無しさん
2016/12/21 18:50
今の時代を考えると…妥当な意見だと思いますよ。

名無しさん
2016/12/21 17:42
結局お金目的でしょってコメントがあるけど、
そりゃそうでしょ。
渡してる側だってお金をあげるからお願いします
ってことだし、それ以上でもそれ以下でもない。
今回はそれがたまたま60人の地区だったってだけで、
原発があるところはどこでも同じような感じだよ。

名無しさん
2016/12/21 17:11
敦賀にはよく行きますが、無駄に広い道路や閑散としたランドマークが原発マネーで作られたんだなとつくづく感じます。行政だけでなく、地域に住む人まで原発マネーにどっぷりつかっているので、一度リセットした方がいいと思います。

名無しさん
2016/12/21 17:42
国が諦めるくらい、ヤバいものなんでしょ?

Sponsored Link

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。